守るべきもの

動画視聴

youtubeは著作権をしっかりと守っている動画共有サービスなので、許可なく他者の音楽を使うと、アップロードしたものが消されてしまう可能性が高いです。消されないとしても違法なので、会社の宣伝動画に使うのはやめたほうが無難です。会社の宣伝のために違法で音楽を使っていると分かったのなら、炎上してしまうケースもあるでしょう。そうなると、プラスのアピールには絶対にならずに、マイナスのアピールにしかなりません。しかし、無音で動画を作るのは表現の幅を狭めてしまうので、宣伝効果が低くなってしまうでしょう。しかし、著作権を守ったまま音楽を利用できる方法もあるため、そちらを活用して、会社の宣伝をyoutubeで行うことをおすすめします。

安いツールはCD

パッケージ(CD)を購入すれば、youtubeやSNSで自由(もちろん配るのはNG)に使ってもよいという音楽があります。2000円や3000円程度で手に入るため、著作権に問題がない音楽を安く利用したい会社にとっては便利なツールだといえるでしょう。近所のCDショップに売っていなければ、インターネットショップの利用で、数多くの種類の中から選ぶことができます。ヒーリングミュージックやロックやバラードなど、宣伝したい内容に合わせて選びましょう。購入前に市長ができるインターネットショップもあるため、自分の耳で聞いて、youtubeで宣伝する動画にピッタリなのか判断できます。

クオリティ重視なら作曲家

テレビコマーシャルのような本格的な宣伝動画を作りたい場合は、安いCDに収録された音楽ではクオリティが足りないと感じる場合もあるでしょう。そのときは、それなりの費用を支払って、作曲家の人に音楽を作ってもらうことをおすすめします。作曲を依頼すれば著作権の問題は一切発生しなくなるため、youtubeで思う存分宣伝ができるでしょう。なお、作曲家は自分の曲をアピールするために、動画サイトや音楽サイトにアップロードしている場合があります。それを聞けば、どの程度のクオリティの音楽を作ってくれるのかハッキリさせられます。つまり、クオリティを満たしている作曲家に仕事を依頼すれば、満足できる音楽を作ってもらえるはずです。なお、作曲家は世の中にたくさんいて、人によって費用が異なるので、事前にいくらになるのか聞いておきましょう。10万円程度で作ってくれる作曲家もいれば、100万円支払ったとしても頼むことができない大先生だっています。