HOME>特集>トラブル回避できるようバーチャルオフィスなどを利用する

目次

トラブルに発展しないよう注意する

握手

これから自宅を利用して起業や副業を始めようと考えた時に、どうしても確定申告などで住所を使いたくないと考えている人は少なくありません。そのような状況で便利なのが住所貸しで、他の住所を利用して活動することができます。住所貸しはバーチャルオフィスもしくはレンタルオフィスとしてサービス展開されているので、そちらを活用するとトラブルに発展することは少ないです。知人や友人から借りてしまうとトラブルに発展することが多く、起業や副業によってビジネス展開をしたい時に支障をきたしてしまうことがあります。

バーチャルオフィスサービスで利用する

もしも住所貸しを希望する時には、バーチャルオフィスサービスを活用するとコスト面などで優れています。様々なメリットがありますが、例えばホームページや名刺などに記載する住所を手に入れることができたり、格安な値段で都内でも有数の土地の住所を手に入れることもできます。さらにバーチャルオフィス独自の様々な他のサービスも活用することができるので、住所貸し以外でも効果的です。起業や副業で事業の将来性を感じている時には、十分活用できるサービスといえるでしょう。月額で1万円以下で利用できるため、様々な提供先の情報を検討しながら決めていくようにしましょう。